お問い合わせ

コラム

  • HOME >
  • コラム >
  • 平成29年12月から障害認定基準の一部が改正に!

平成29年12月から障害認定基準の一部が改正に!

【血液・造血器疾患による障害認定基準】

平成29年12月1日から「血液・造血器疾患による障害」の認定基準が一部改正されることになりました。

 

【血液・造血器疾患とは?】

 主なものに、①難治性貧血群(再生不良性貧血・溶血性貧血等)・②出血傾向群(血小板減少性紫斑病、凝固因子欠乏症等)・③造血器腫瘍群(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫等)があります。

 

【認定基準】

「認定基準」は、病気の種類によって異なり、血液内の多種多様な数値や本人の生活の程度、臨床所見などを総合して判断することになります。。

 

【改正内容は?】

上記①から③の疾患それぞれで検査項目が見直されました。

①「赤血球数」が削除され、「網赤血球数」が追加されました。

②「凝固因子活性」が追加されました。

③抹消血液中の「赤血球数」が「ヘモグロビン濃度」に変更されます。

さらに、造血幹細胞移植についての規定が追加されます。

 

血液・造血器疾患は、個人差が多く病態も様々で、認定基準には総合的な判断がされますので、検査数値が異常に悪いとはいえない場合でも、病気のために日常生活が困難である(身の回りのことができない・ほぼ寝たきりである等)場合など、申請を検討してみても良いかもしれません。