お問い合わせ

コラム

  • HOME >
  • コラム >
  • 初診日が20歳より前の障害年金とは

初診日が20歳より前の障害年金とは

20歳以上になれば国民年金制度に加入しますが、障害年金の種類は、初診日において加入している年金制度によって決まります。では、20歳より前に初診日のある、病気やケガで障害が残った場合はどうなるのでしょうか。

 

【年金の請求はできる?】

 20歳より前の初診日による病気の場合は、原則年金制度に加入をしていないため、国民年金制度の障害年金(障害基礎年金)を請求することができます。

20歳より前から就労し厚生年金保険に加入している場合は、就労している期間に初診日があれば障害厚生年金の請求をすることができます。

先天的な障害により障害年金を請求する場合は、出産日が「初診日」となります。また、20歳を過ぎてから病院を受診した場合でも、学生時代の学校検診などの所見で病気やケガを確認できる場合は、その日を「初診日」と判断することができます。

 

【保険料の納付要件は?】

 20歳を過ぎてから初診日のある障害年金については、一定の保険料を納付していないと障害年金を請求することができません。しかし、20歳前の期間には保険料を納付すべき期間がないため、納付要件を考慮する必要がなくなります。

 

【いつから年金を受け取ることができますか?】

 20歳前に初診日のある障害年金の場合、20歳到達日(誕生日の前日)が障害認定日となり、その翌月分から年金を受け取ることができます。

 しかし、初診日から1年6ヵ月を経過する日が20歳到達日より遅い場合は、1年6ヵ月を経過する日が障害認定日となり、その翌月分から年金を受け取ることができます。